青森・平内町長ら10人で飲酒会食 議長や副町長も、コンパニオン同席

記者会見で謝罪する船橋町長(右から2人目)ら=16日、平内町役場

 青森県平内町の船橋茂久町長は16日、町幹部や町議ら計10人で11日夜に会食したことを明らかにした。飲酒を伴い、コンパニオン3人が同席した。記者会見で「新型コロナウイルス禍であり、町民に心からおわびする」と陳謝した。

 町によると、会食は5月に死去した町議をしのぶ名目で船橋健人議長が発案。町内の仕出し料理店で開かれ、町側から船橋町長のほか、山田光昭副町長、渡辺伸一教育長の三役ら5人、議会側から船橋議長を含む5人が参加した。スナックに移動し、2次会も行われた。

 県は大人数での会食を控えるよう呼び掛けている。船橋町長は「座席間隔確保など感染対策を徹底していた」との認識を示しつつ、「感染収束前に会食したことは反省している。今後は国や県の指針に従って、個別に開催可否を判断する」と述べた。

 11日は町議会定例会の閉会日だった。県内で感染が拡大した前年度、町幹部と町議の懇親会が4回開かれたことも公表。最多で27人が参加していた。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る