郡氏と菊地氏、定例会で「激突」 仙台市長選告示まで1ヵ月

郡氏(右)の市政運営を厳しく追及した菊地氏(左)

 任期満了に伴う仙台市長選(7月18日告示、8月1日投開票)の告示まで1カ月となった18日、再選を目指す現職の郡和子氏(64)と立候補に意欲を示す自民党市議の菊地崇良氏(52)が、開会中の市議会6月定例会で「激突」した。菊地氏が本会議の一般質問に立ち、市政運営をただした。

 菊地氏は17分半に及ぶ質問の冒頭、郡市政の新型コロナウイルス対応を追及した。自宅療養者への食料品の提供、感染急拡大に備えた保健所の態勢強化を例に「迅速かつ効果的な対応が取れた認識か」と尋ね、スピード不足を指摘した。

 音楽ホール整備に関しては「ハコモノが文化芸術の発展をけん引するという旧来型の姿勢」と疑問視。市役所本庁舎の建て替えも、低層部に交流・にぎわい機能を持たせる構想を「フルスペック主義という前時代の感覚」とこき下ろした。

 郡氏が公約前進と強調する小中学校の35人以下学級拡大には、特に語気を強めた。「いじめや不登校は減ったか。教員の多忙感は解消されたか。子どもと向き合う時間は増えたか。いずれもノーだ」と批判した。

 これに対し、郡氏は答弁でじわりと反論した。

 いじめ認知件数が増えたとの指摘には「いじめの端緒を早くつかむ観点で(取り組んだため)数が一定程度出てきている」と説明。いじめ対策に力を入れた成果が、むしろ件数増に表れているとの認識を示した。

 新型コロナ対応は、保健所への全庁的な応援態勢を拡充したことを強調。「適宜、態勢の見直しを図りながら全庁一丸で取り組む」と理解を求めた。自宅療養者への食料品提供が遅れた事例には「大変な思いをした方にはお見舞いを申し上げる」と不備を認め「体制を見直した」と語った。

 音楽ホール整備や市役所本庁舎の建て替えは必要性を改めて説明したが「引き続き(構想や計画実現の)各段階で十分に検討していく」と述べるにとどめた。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る