仙台市長選、立候補表明は現職郡氏のみ 告示まで1カ月 新人が出馬意欲

郡 和子氏

 任期満了に伴う仙台市長選(7月18日告示、8月1日投開票)は18日、告示まで1カ月となった。立候補を表明したのは、再選を目指す現職の郡和子氏(64)のみ。新人が立候補に意欲を示しているが、構図は固まっていない。戦後初となる無投票を阻止する動きも見られ、選挙戦になる公算は大きくなりつつある。

 郡氏は3日に記者会見し「仙台の街をさらなる高みに導くため、次の任期も全身全霊を傾注したい」と立候補を表明した。4月に始動した市基本計画(2021~30年度)をベースに、2期目の公約作りを急ぐ。

 17年の前回選は旧民進、共産、社民3党の支援を得たが、今回は「市民党」を掲げ政党には推薦を求めない。対立候補を推した自民、公明両党を含め幅広く支持を集める狙い。市議会には超党派による支援組織の設立を目指す動きがある。

 露出する機会が多い現職の強みを生かし、新型コロナウイルス対応など公務を優先する。感染リスクを考慮し、大規模な演説会などは行わず、インターネットを使った活動を見据える。

 郡氏に挑む意思を強くするのは、新人の自民党市議菊地崇良氏(52)。支える党県議、市議と街頭活動を重ねる一方、「市民の反応を見極める」と正式な立候補表明を先送りしている。

 党市連は5月、郡氏を評価する声もあるとして「菊地氏を一致して支援するのは困難」と判断した。党県連も推薦を見送り、菊地氏が出馬した場合は自主投票となる可能性が大きい。

 菊地氏は18日、報道陣に決断の時期を問われ「選挙の日程から逆算して、十分な議論ができる時期に決める」と述べるにとどめた。

 新人の元衆院議員加納三代氏(44)は、菊地氏が断念した場合に限り、立候補する意向を示す。既に市内で街頭活動を始めている。

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る