FAQ

河北春秋(7/7):六甲山を背後に抱える神戸市など阪神間の地…

 六甲山を背後に抱える神戸市など阪神間の地域を1938年7月、豪雨が襲った。急峻(きゅうしゅん)な山から一気に海に流れ出る河川が多く、川の決壊と洪水、さらに土石流が発生し、700人近い犠牲者を出している▼ここに住んでいた谷崎潤一郎は『細雪』の中巻で水害の様子を生々しく描いている。例えばこんなふうに。…

残り 394文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る