仙台空襲76年 1399人の霊慰める

 仙台空襲から76年となった10日、仙台市は青葉区の市福祉プラザで、空襲の犠牲者や太平洋戦争の戦没者を追悼する合同慰霊祭を開いた。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、昨年に続いて式典の開催を見送り、遺族や郡和子市長ら70人がそれぞれ祭壇に花を手向けた。

 父親の上総(かずさ)保さんを戦争で失った…

残り 220文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ