女川原発2号機、非常用設備が計画外作動 外部への放射能影響なし

 東北電力は16日、女川原発2号機(女川町、石巻市)で、事故発生時に原子炉建屋内の放射性物質を除去する非常用ガス処理系が計画外で作動したと発表した。外部への放射能の影響はないという。

 東北電によると、16日午後7時16分ごろ、作業員4人が2号機の安全対策工事に伴う配管工事を実施していたところ、放射線透過試験で発生した放射線を建屋内のモニターが検知し、非常用ガス処理系が作動した。作業員にけがなどはなかった。

 原因は調査中。東北電は原子力安全協定に基づき、立地自治体の県、女川町、石巻市に報告した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る