宮城知事選「同日選 最大限努力を」 村井知事、選管に異例の注文

村井嘉浩宮城県知事

 秋までに予定される衆院選と、同日選の可能性が残る宮城県知事選(11月20日任期満了)に関し、村井嘉浩知事は2日の定例記者会見で、「選挙管理委員会はできる限り柔軟に対応し、同日にするよう最大限努力してほしい」と述べた。政治的中立性を確保するため、首長から独立している執行機関の県選管に、同日選の実現を求めるのは異例。

 2017年の前回、知事選と衆院選は初の同日選となり、村井知事は自身を支援する自民、公明両党と連携した選挙戦を展開。過去最多の82万5460票を獲得し、4選を果たした。

 知事は「衆院選と知事選(の日程)が重なれば、投票率は上がる」と説明。同日選が難しい場合は「有権者が混乱しないように、なるべく日にちを離すことも重要になるかもしれない」と指摘した。

 公選法上、知事選と衆院選が同日選となり得るのは10月24日、31日、11月7日、14日。ただ、秋の臨時国会が衆院議員の任期満了日(10月21日)近くまで開会していることが条件で、実現性は不透明だ。

 県選管の担当者は「解散権は首相の権限。こちらでは何も決められず、悩ましい」と話す。永田町の動向を見ながら、ぎりぎりまで待って判断することも視野に入れ、選挙日程を慎重に検討する方針。

 知事の踏み込んだ発言の背景には、過去最低の投票率を記録した8月1日投開票の仙台市長選がある。新型コロナウイルスの感染再拡大や争点の乏しさもあり、投票率は前回比15・43ポイント減の29・09%に沈んだ。

 衆院選の後に知事選が行われる連戦の場合、政党や支持団体などの「選挙疲れ」も見込まれる。知事は「衆院選が先で、知事選が後だと投票率は相当下がると思う」と予想した。

 村井知事を含め、現時点で知事選への立候補を表明した人はいない。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る