仙台市長に再選、郡氏が登庁 「また、よろしくお願いします」

再選を報じる朝刊に目を通す郡市長=2日午前8時30分ごろ、仙台市宮城野区榴岡の事務所

 1日投開票された仙台市長選から一夜明けた2日朝、再選を果たした郡和子市長(64)が宮城野区榴岡の事務所で記者会見し「109万市民の先頭に立って、市政を動かしていく重責を感じる」と心境を語った。

 まずは新型コロナウイルスの感染再拡大を防ぐとし「(インドで初確認された感染力の強い)デルタ株が出現し、これまでにない速さで感染が広がる可能性がある。感染の波を低く抑えるため、市役所一丸で取り組みたい」と力を込めた。

 午前9時半に市役所に登庁し、正面玄関で約100人の職員に拍手で出迎えられた。花束を受け取り、マスク越しに笑顔を浮かべながら「また、よろしくお願いします」と語り掛けた。

 その後、庁内放送で職員に訓示し「市民生活の現場から聞こえる小さなSOSに耳を澄まし、生きづらさと親身に向き合い、必要な支援につなげる」と強調。コロナ下で地方都市に注目が集まっているとし「今はこの街の可能性を広げる大きなチャンス」と語った。

 2期目の任期は22日から4年間。

仙台市長選 過去の記録
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る