FAQ

シベリア抑留の記憶を音楽に 宮城の作曲家が画家の作品に着想

 宮城県美里町の邦楽作曲家佐藤三昭さん(53)が、終戦後に旧ソ連によるシベリア抑留を経験した函館市の画家故石川慎三さん(1919~2015年)の絵や体験記を基に、五つの邦楽曲を制作した。来年に予定する函館公演に続き、東北公演を計画している。

 石川さんは1949年12月までシベリアに抑留され、晩年に強…

残り 422文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る