閉じる

分娩業務休止方針に地元戸惑い 医療圏唯一の県立釜石病院

 岩手県立釜石病院(釜石市)産婦人科で分娩(ぶんべん)業務が10月から休止されることに伴い、地元で戸惑いと不安が広がっている。県医療局は慢性的な医師不足を理由に、県立大船渡病院(大船渡市)に分娩を集約する考えだ。釜石医療圏(釜石市、大槌町)で唯一の施設として存続を求める声は強いが、先行きは見通せない…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ