閉じる

2度の艦砲射撃受けた釜石、2年ぶり戦没者追悼式

 太平洋戦争末期に2度の艦砲射撃を受け、市中心部が壊滅的な被害を受けた岩手県釜石市で9日、戦没者追悼式があった。遺族会や市の関係者ら約50人が参加し、76年前の戦禍に思いをはせながら恒久平和を希求した。

 野田武則市長は式辞で「戦争を繰り返すことのないよう努力することが、国内で唯一、2度にわたる艦砲射…

残り 267文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集