【動画】甲子園初勝利の東北学院 勇姿をスライドショーで振り返る

2021夏の甲子園 東北学院vs愛工大名電

 第103回全国高校野球選手権大会に初出場し、初勝利した宮城代表の東北学院(仙台市)が、選手の新型コロナウイルス感染により2回戦の試合参加を辞退しました。

 11日の1回戦は強豪・愛工大名電(愛知)を5―3で下し、甲子園に確かな足跡を残しました。試合で敗れることなく、聖地を去った選手たち。初戦の勇姿を写真スライドショーで振り返ります。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る