閉じる

躍進の背後に練習環境、生徒主体の部活運営 甲子園初出場の東北学院

 9日に開幕する第103回全国高校野球選手権大会に初出場する東北学院(仙台市)は今夏、宮城大会で初の4強入り、決勝進出、そして優勝と同校の歴史を次々に塗り替えた。躍進の背景には、校舎移転による練習環境の改善と生徒主体の部活運営がある。

 創立135年の歴史を持つ東北学院に硬式野球部ができたのは1972…

残り 740文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ