デスク日誌(9/24):北京

 2022年2月に北京で冬季五輪が開幕する。21年の東京、18年は韓国の平昌冬季大会、アジアで五輪が続けて行われる。

 北京で開催された08年夏季五輪はスーパースターが輝いた大会だった。ジャマイカのウサイン・ボルト選手は陸上の100メートルと200メートルで世界新記録を出して優勝した。競泳ではマイケル・フェルプス選手が8個の金メダルを獲得した。

 開会式も話題になった。花火で描いたメインスタジアムへ向かう巨人の足跡は印象的だったが、後でコンピューターグラフィックスの合成映像と判明した。9歳少女の革命歌曲は「口パク」だった。

 新型コロナウイルスの影響で、北京冬季五輪の開催前に行われるテスト大会は相次いで中止になった。新疆ウイグル自治区や香港の人権問題などで外交ボイコットの声も上がっている。逆風の中でも、中国国内からは中止や延期の話は聞こえてこない。

 北京冬季五輪開幕まで約4カ月、通常モードにリセットされた頭を、再び五輪仕様にする必要がある。まずは紙面作りの準備をしっかり進めなければと思っている。
(整理部次長 細谷雅基)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る