白石市選管で二重投票か 票数1上回る

 衆院宮城3区で、白石市選管は1日未明、選挙区分の投票数が投票者数を1票分上回るミスがあったと発表した。投票者1万7161人に対し、投票数は1万7162票だった。市選管は「投票用紙の残枚数が1枚少なかった。交付時に2枚渡し、二重投票があったと思われるが、どの票か分からないので有効扱いとした」と説明した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る