展示物製作のインテックなど2社破産手続き 郡山、負債16億3000万円

 展示物製作のインテック(福島県郡山市)と関連会社のグレード(同)は10日までに、福島地裁郡山支部から破産手続きの開始決定を受けた。決定は1日付。帝国データバンクによると、負債総額は2社合わせて約16億3000万円。

 グレードが手掛けた太陽光発電所の設置、アパート建築、不動産取得による設備投資が過剰となり、借入金が膨張。取引銀行に支払い猶予を打診するなどグループ全体の資金繰りが悪化した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る