閉じる

劇団わらび座が民事再生、負債14億円超 コロナで経営悪化

 秋田県仙北市の劇団「わらび座」は2日、秋田地裁に民事再生法の適用を申請し、同日付で手続きの開始決定を受けたと発表した。負債額は約14億4600万円。新型コロナウイルスの流行で団体客のキャンセルが相次ぐなど経営が悪化した。今後は新設した「一般社団法人わらび座」に事業を承継し、従業員約170人の雇用も…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ