石巻圏・新百景>女川いのちの石碑(女川町)

塚浜地区にある13基目の石碑。震災後に造成された住宅団地の一角に建てられた
21基目は女川小・女川中校舎横の遊歩道に完成。当時の生徒らが除幕し、石碑を披露した

<震災の教訓、未来へ伝承>

 東日本大震災で被災した女川町内の浜々に建ち、避難の大切さを訴える。1000年先の命を津波から守ろうと、震災直後に女川一中(現女川中)に入学した生徒たちが建立を発案した。

 1基目が設置されたのは2013年11月。津波到達地点より高い場所にあり、地震が来たら石碑より高い所へ逃げるようメッセージが記されている。

 生徒たちは授業で、津波被害を最小限にする対策として、
(1)絆を強くする
(2)高台に避難できるまちづくり
(3)記録に残す
といった案を考えた。

 石碑は記録に残す取り組みの一つ。設置は年々進み、11月に目標の21基目が建てられた。

 石碑には「悲しみで涙を流す人が少しでも減り、笑顔あふれる町になっていることを祈り、そして信じています」とも刻まれている。当時の生徒たちは「ここからがスタート」と口をそろえ、震災の教訓を未来へ伝えていく。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る