閉じる

犯罪被害者支援の寄付型自販機広がらず 山形、福島は100台超…宮城26台

 犯罪被害者の支援活動につながる飲料の自動販売機の設置が宮城県内で伸び悩んでいる。全国では200台以上設置されている県もあるが、宮城県は26台にとどまる。25日~12月1日は犯罪被害者週間。みやぎ被害者支援センター(仙台市青葉区)は「活動を支えるため多くの施設で設置してほしい」と呼び掛ける。

飲料1本…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ