太陽光施設設置「一定の規制必要」 村井知事が検討示唆

 宮城県議会11月定例会は2日、一般質問を始めた。山林への無秩序な太陽光発電施設の設置が土砂崩れを誘発する可能性が全国で指摘されている現状を踏まえ、村井嘉浩知事は、災害リスクがある地帯への設置を制限する県条例の制定を検討する考えを示した。

 村井知事は、施設の導入には地域との共生が不可欠と指摘。「不安…

残り 351文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ