光のページェントをオープンバスで タケヤ交通、26日まで無料運行

2020年の光のページェント=12月18日、仙台市青葉区の定禅寺通

 タケヤ交通(宮城県川崎町)は、18日に仙台市青葉区で開幕する「SENDAI光のページェント」をより楽しんでもらおうと、新たに導入したオープンタイプの2階建てバスを無料で運行する。錦町公園前から定禅寺通を通る循環コースで土日3便、平日2便を予定。26日まで。

 予約サイトで受け付け、新型コロナウイルス対策として定員は各回20人に絞る。28日には市近郊の医療従事者に乗ってもらうことも計画。タケヤ交通は「コロナ禍からの回復に弾みがつくことを願って無料運行を決めた」と話す。

 バスは観光庁の支援事業を活用し、同時に導入した小型エレベーター搭載の2階建てバスとともに「グランスカイ」の愛称を付けた。今回は実証運行の位置付けで、JTB仙台支店、日本航空東北支店、東北ちゅらトラベル、有限会社益生が協力。今後は市近郊でのツアー商品開発を目指す。

 連絡先はタケヤ交通0224(85)2060。

予約サイト

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る