東北初のバーガーキング、アリオ仙台泉店にオープン

人気ナンバーワンの「ワッパーチーズ」セット

 米大手ハンバーガーチェーン「バーガーキング」を日本国内で運営するビーケージャパンホールディングス(東京)は16日、仙台市泉区に「アリオ仙台泉店」をオープンさせる。全国141店目で東北では初出店。

 通常サイズより約1・4倍大きい「ワッパー」が主力メニュー。じか火焼きの牛肉やレタス、タマネギなど具材を自分好みに調節できる。人気ナンバーワンの「ワッパーチーズ」(単品590円)や、期間限定のメニューも販売。売り場面積約110平方メートル、席数は22席。

 出店責任者の野村一裕さん(43)は「本場米国の味を地元で楽しめる。口を大きく開けて食べてほしい」と話した。同社とフランチャイズ契約を結ぶトウショク(東京)の林裕人社長(42)は「3、4店舗と東北エリアに順次拡大していきたい」と意気込む。

 営業時間は、店舗が入る商業施設アリオ仙台泉に合わせ午前10時~午後9時。19日まではテークアウトのみで、来年1月6日まではメニューを限定し、カスタマイズのサービスは同7日以降から対応する。

本場のハンバーガーが楽しめる「バーガーキング アリオ仙台泉店」
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る