初日の出、仙台で見られる? 年末年始、曇りがちで寒い日続く

朝の仙台市中心部。植え込みのツバキが雪化粧していた=27日午前9時45分ごろ、仙台市青葉区五橋1丁目

 2021年も残すところあと数日。大掃除や初詣の計画を立てるのに天候が気になるところだが、宮城県内は気圧の谷や寒気の影響ですっきりせず、寒さの厳しい正月となりそうだ。

 仙台管区気象台が27日午前11時に発表した1月3日までの週間天気予報によると、期間中は曇りがちで、28日までは仙台、石巻などの東部でも雪がちらつきそうだ。

 1月1日は、東部で曇り時々晴れ、白石など西部では曇り一時雪の予報となっている。初日の出を見られるかどうかは、微妙な情勢だ。

 気温は期間を通して平年並みか平年より低く、最低気温が氷点下となる日も多くなる見込み。帰省などで遠出を計画している人は、最新の予報の確認が必要だ。

最新の天気予報はこちら

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る