梁勇基おかえり! ベガルタに3年ぶり復帰

ベガルタに完全移籍すると発表された梁勇基(左)=2020年11月8日、ユアスタ

 サッカーJ2仙台は5日、MF梁勇基(39)=173センチ、72キロ=がJ1鳥栖から完全移籍で加入すると発表した。梁勇基は2019年以来、3年ぶりの仙台復帰となる。背番号は未定。円熟味を増したプレーに加え、精神的支柱としてJ1復帰を目指すチームを後押しする。

 今季J2降格の仙台が前回降格した04年、阪南大から加入した。精度の高いキックを武器に1年目から主力で32試合に出場。2年目からは定位置をつかみ、攻守に存在感を発揮した。3年目の06年からエースナンバーの10番を背負い、07年以降は5年連続でリーグ戦全試合出場を果たした。

 09年は14得点しJ2優勝とJ1復帰に貢献。東日本大震災があった11年に4位、12年に2位と躍進したチームを生え抜きの中心選手として支えた。出場機会を求めて20年に鳥栖へ移籍し、2季プレーした。

 J1通算297試合に出場し29得点、J2では254試合出場47得点。北朝鮮代表としても活躍した。

 クラブを通じ「ベガルタ仙台に関わる全ての皆さま、お久しぶりです。J2はとても厳しいリーグです。一丸となって戦いましょう」とコメントした。

広島戦でドリブルで切れ込む仙台・梁勇基(10)=2019年12月7日
川崎戦で勝ち越しゴールを決め、仲間と駆け出す梁勇基(中央)=2012年9月1日、ユアスタ
山形戦で2点目を決めベンチへ向かって駆け出す梁勇基(右)=2010年9月19日、宮城スタジアム
京都戦でゴール右からドリブルで攻めあがる梁勇基(中央)=2005年4月10日、西京極陸上競技場
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る