水島新司さん死去 ファンとの交流、熱心に 「石ノ森萬画館」初代館長務める

萬画館開館1周年記念の野球親善試合に参加した水島さん(前列左から3人目)。右隣はチームメイトの俳優柴田恭兵さん=2002年7月、石巻市民球場

 水島新司さんは故石ノ森章太郎さん(宮城県登米市出身)ゆかりの石ノ森萬画館(石巻市)の開館に携わり、2001年7月~03年3月に初代館長を務めた。

 開館1周年を迎えた02年7月には自身の草野球チーム「あぶさん」を率いて石巻市を訪れ、三つの地元チームと対戦。試合に敗れた社会人チームを後日、東京に招待して「リベンジマッチ」を催すなどファンとの交流に熱心だったという。

 東日本大震災時は漫画家の有志団体「マンガジャパン」の代表を務め、津波で被災した萬画館に団体から義援金を贈った。

 萬画館を運営する「街づくりまんぼう」の木村仁社長(53)は「ファンサービス精神が旺盛で優しい方だった。石巻をさまざまな形で支援していただいた」と感謝した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る