閉じる

「きりこ」や「オカザリ」 三陸の切り紙細工紹介 東京「紙の博物館」

 東北地方で伝承されてきた「切紙」文化を象徴する正月飾りを中心に集めたテーマ展が、東京都北区の飛鳥山公園内にある「紙の博物館」で開かれている。

 主に岩手県南、宮城県北の三陸沿岸に伝わる切り紙細工は、地域によって「きりこ」や「オカザリ」の名称で親しまれ、神棚に飾られる。大漁を祈願して鯛や扇を切り抜いた…

残り 397文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ