閉じる

社説(2/12):災害時の低体温症/住民もチェックと対応を

 暦の上では春だが、東北はまだ寒い日が続く。あと約1カ月で東日本大震から11年。思えば、あの日も寒かった。

 大津波に襲われた後、被災地では雪が降った。夜には星空が広がったものの、放射冷却の影響で冷え込みが厳しかった。津波でぬれた人、屋外で助けを待つ人を低体温症から守ることも震災の教訓だ。

 低体温症は…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ