閉じる

「敬老乗車証」の見直し作業に着手 仙台市、利用者の負担増検討か

 仙台市は1日、70歳以上の市民が市バスや地下鉄を1割負担で利用できる「敬老乗車証」の見直し作業に新年度から乗り出す方針を明らかにした。2026年度までに結論を出す予定で、制度変更となれば12年度以来となる。高齢化の進展で事業費は膨らむ一方のため、利用者負担の増加や交付対象年齢の引き上げを検討すると…

残り 802文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集