いしのまき大賞 石巻商議所会員大会で受賞者表彰

いしのまき大賞を受賞した(左から)常盤木学園高の佐藤さん、日本カーシェアリング協会の吉沢代表理事、3・11みらいサポートの中川専務理事
青木会頭から表彰状と記念品を受け取るはぎやの五十嵐社長(左)

 石巻商工会議所の会員大会が2日、石巻市千石町の石巻グランドホテルで開かれた。「第15回いしのまき大賞」やアニバーサリー会員事業所の表彰があり、参加した会員約150人が受賞者の功績をたたえた。

 新型コロナウイルス対策のため規模を縮小し、飲食を伴う交流会は見送った。青木八州会頭は「(コロナ禍で)商議所事業がなかなかできずもどかしい思いをしているが、皆さんのお役に立てるよう頑張っていきたい」とあいさつした。

 市の発展や知名度向上に貢献した個人・団体をたたえるいしのまき大賞の表彰式では、バレーボール東京五輪日本代表の藤井直伸選手(30)、陸上競技で活躍した常盤木学園高3年佐藤美里さん(18)、公益社団法人3.11みらいサポート、一般社団法人日本カーシェアリング協会に表彰状と記念品を贈った。先日胃がんで闘病中と公表した藤井選手は欠席した。

 地域で寄付車を共同利用する「コミュニティ・カーシェアリング」を推進する日本カーシェアリング協会の吉沢武彦代表理事(43)は「石巻の皆さんに評価してもらい、うれしい。皆さんと連携しながら地域の課題解決に励んでいきたい」と喜びを語った。

 アニバーサリー会員事業所表彰では、創業140年の金物建築資材販売「はぎや」(石巻市大橋1丁目)など36事業所を表彰した。はぎやの五十嵐剛司社長(60)は「より一層精進し、社業と地域経済発展のために頑張る」と謝辞を述べた。

 バドミントン元五輪日本代表の潮田玲子さん(38)による記念講演もあった。

(アニバーサリー会員事業所名簿は後日掲載)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る