中小への支援金上乗せ、仙台市が申請受け付け 7月29日まで

仙台市役所

 仙台市は17日、新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく減少した中小企業や個人事業主に支給する「中小企業等事業復活支援給付金」の申請受け付けを始めた。7月29日まで。

 国の「事業復活支援金」の交付決定を受けた事業者を対象に、市が支援金の10分の1を上乗せする。2021年11月~22年3月のいずれか1カ月の売上高と、18~21年のうち任意の年の同じ月を比べ、減少した割合に応じて支給する。

 減少率50%以上の企業は最大25万円、30~50%未満は最大15万円。個人事業主は50%以上が5万円、30~50%未満は3万円となる。

 申請書や支援金の給付決定通知書などを市の給付金事務局に郵送する。市は申請後2週間の支給を目指し、早ければ3月中に届くようにする。

 連絡先は専用ダイヤル022(214)3151=平日午前9時~午後5時。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る