「鬼滅の刃じぇっと」仙台に飛来 全日空、羽田臨時便に起用

仙台空港を離陸する「鬼滅の刃 じぇっと―壱―」=4日午前11時10分ごろ、名取市下増田
「鬼滅」ジェット、仙台に就航

 テレビアニメ「鬼滅の刃」のキャラクターのイラストがラッピングされた全日本空輸の旅客機「鬼滅の刃 じぇっと―壱―」(ボーイング767-300)が4日、仙台空港を発着した。震度6強を観測した地震に伴う仙台―羽田間の臨時便で、今後の運航予定は決まっていない。

 4日は午前10時15分ごろ着陸し、11時10分ごろ離陸した。左舷に主人公竈門(かまど)炭治郎、妹の禰豆子(ねずこ)ら主要なキャラクター、右舷に日輪刀を振るう炭治郎の生き生きとした姿が描かれている。空港周辺では、親子連れらが機体を眺めたり、写真を撮ったりしていた。

 全日空によると、鬼滅じぇっとは1月に就航。同型機の定期運航がない仙台には3月28日の羽田―仙台便で初めて飛来したという。

 臨時便は17日まで運航予定だが、同社広報部の担当者は「機材繰りが変則的になっているため、鬼滅じぇっとで運航するかどうかは分からない」としている。

人気キャラクターなどが描かれた「鬼滅の刃 じぇっと―壱―」=4日午前11時10分ごろ、名取市下増田
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る