「就労、教育どうする」ウクライナ避難民支援は課題山積 東北の自治体

 ロシアに侵攻されたウクライナからの避難民受け入れを表明する自治体が東北でも増えている。温泉宿や東日本大震災の災害公営住宅など滞在先の準備は整いつつあるが、就労や子どもの教育といった「その後」の支援には課題が山積する。

 盛岡市は3月下旬、住居、生活、相談、就労の4項目からなる支援メニューを発表した。…

残り 1024文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ