<入試のツボ>私立の倍率 回復傾向/中学入試・最新動向

 小学校の英語教科化に伴い、今春の中学入試では受験者全員に英語を課す学校が全国的に多かった。

 宮城県の公立中高一貫校も10分間の英語リスニングを実施。受験生は対策を講じて試験に臨んだ。出題は自己紹介などの基本表現が中心で、今後も急激に難しくなる可能性は低い。

 5、6年生で習う表現をしっかり身に付け、…

残り 559文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

入試のツボ

中学、高校入試を控えた受験生のいるご家庭に、仙台圏の学習塾講師陣がトピックスや勉強法を伝授します。

ライブカメラ