阿武隈急行、27日に全線再開 震度6強地震被害から3カ月以上

 宮城、福島両県を結ぶ第三セクターの阿武隈急行(福島県伊達市)は14日、最大震度6強を観測した3月16日の地震で運休していた福島(福島市)-保原(伊達市)間12・5キロの運転を27日に再開すると発表した。地震発生から3カ月以上を経て、全線再開となる。

 同区間では、27日から7月3日までは速度を落とし…

残り 318文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ