FAQ

ハマボウフウ再生、一歩ずつ 山元・花釜地区周辺の海岸

 かつて宮城県亘理、山元両町の海岸に群生し、東日本大震災で壊滅的な被害が出たセリ科の希少植物ハマボウフウが、山元町花釜地区周辺の海岸で白い花を咲かせている。2013年から植生の再生に取り組む元住民は、よみがえりつつある景色に目を細める。見頃は今月末ごろまで。

 震災前に花釜地区に住んでいた渡辺修次さん…

残り 114文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る