「BA・4」宮城県内で初検出 新型コロナ 新規感染は83人(27日)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 宮城県と仙台市は27日、10歳未満~90代の83人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。前週月曜と比べ4人増えた。増加は8日ぶり。新規感染者の内訳は仙台市40人、利府町7人、富谷市5人など。柴田町の高齢者施設で7人のクラスター(感染者集団)が発生した。

 仙台市は、6月上旬に発症した患者1人からオミクロン株の派生型「BA・4」が県内で初めて検出されたと発表した。市によると、検疫以外でBA・4が確認されたのは国内3例目。海外滞在歴の有無を調べている。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る