「外ではマスク外して」 宮城知事、県職員に率先呼びかけ

宮城県庁

 「県の幹部と職員は外を歩くときは率先してマスクを外してほしい」。宮城県の村井嘉浩知事は27日の定例記者会見で、新型コロナウイルス対策のマスク着用はこれからの季節、屋外では熱中症のリスクが高まるとして、近距離(2メートル以内)で会話する場合を除き、外すよう呼びかけた。

 「特に運動時は忘れずにマスクを外してほしい。屋外の散歩や通勤通学時も(基本的に)着用の必要はない」と強調。マスク着用が習慣化し、周囲が着けている中では外しづらい状況を踏まえ「隗(かい)より始めよ。私も夏の間は外出時にマスクを外す」と説明した。

 25日には仙台、蔵王、丸森の最高気温が35度を超え、県内で観測史上最速の猛暑日となった。県によると25、26の両日、県内では熱中症で83人が救急搬送され、1人は重症だった。

 義父が室内で熱中症になり、救急搬送された経験があるという知事。暑さが厳しい日は外出をなるべく避けるよう求めた上で「室内でも温度や湿度を測り、エアコン使用やこまめな水分補給など対策を取ってほしい」と注意喚起した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る