閉じる

茅の輪くぐり、残り半年晴れ晴れと 仙台東照宮・夏越の大祓式

 身についた汚れを払い、残り半年の無病息災を願う神事「夏越(なごし)の大祓式(おおはらいしき)」が30日、仙台市青葉区の仙台東照宮であった。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、参加者を50人に限定。和紙を人の形に切った「人形(ひとがた)」で全身をなでて半年の汚れを払った。その後カヤで作った直径…

残り 154文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより