小学教諭、授業中にハイボール 「嫌なことあると、つい」 仙台市教委が懲戒処分

記者会見で陳謝する仙台市教委の担当者=7日、市役所

 勤務する小学校の教室で授業中などに飲酒を繰り返したとして、仙台市教委は7日、再任用の60代男性教諭を停職6カ月の懲戒処分とした。教諭は同日付で自主退職した。

コンビニのレジ袋に

 市教委によると、教諭は今年2月ごろ~6月1日、青葉区と宮城野区の小学校で、担任するクラスの授業中に児童の前で4回にわたって缶入りハイボールを隠し飲みした。勤務時間前にも10回以上飲んでいた。

 6月1日、コンビニのレジ袋で覆った500ミリリットル缶に口を付ける教諭を、一緒に授業していた同僚が確認。教室の事務机の引き出しからハイボールの空き缶が見つかり、教諭は飲酒を認めた。

 教諭は「人間関係など仕事で嫌なことがあると、つい飲んでしまった。軽率な行動で深く反省している」と話しているという。

 市役所で記者会見した下山田健二教育人事部長は「子どもたちの模範となるべき立場の教員がこのような行為をして、本当に申し訳ない」と陳謝した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る