閉じる

宮城で記録的大雨 氾濫、土砂崩れ相次ぐ 一時51万人に避難指示など

 宮城県内は15日夜から16日にかけて、記録的な大雨に見舞われ、河川の氾濫や土砂崩れなどの被害が相次いだ。仙台、登米など16市町村の23万1288世帯計51万2561人に避難指示などが出された。松島町と仙台市で計2人がけがをした。県は、警戒レベルが最も高い避難情報「緊急安全確保」が県内で初めて発令さ…

残り 450文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ