仙台・台原漏水「迷惑かけた」 郡市長、老朽化水道管の更新進める考え表明

記者会見で質問に答える郡市長=20日、仙台市役所

 郡和子仙台市長は20日の定例記者会見で、青葉区台原5丁目で15日に水道管が破損して大規模な漏水が発生した問題を受け「多くの方々に迷惑をかけた。大変申し訳ない」と陳謝した。

 破損の原因は分かっていないが、60年前に埋設された直径90センチの鋳鉄製水道管のつなぎ目近くが大きく割れていた。

 市水道局は漏水したエリアの住宅や事業所300カ所以上を16、17日に訪問。床上浸水やエアコン室外機の故障など12件の被害を確認した。

 郡市長は「老朽化した水道管の更新は全国的な課題。市として効率的な管路の更新を進めるとともに、財政支援を含めた国の対応を期待したい」と語った。

 フィギュアスケート男子で仙台市出身の羽生結弦(27)=ANA、東北高出=が競技の第一線から退く意向を表明したことに、「プロのアスリートとして本領を発揮したいという思いを持っているようなので、これからも応援し続けたい」と述べた。

 公設アイスリンクの整備に関しては「プロとして活躍したい舞台をどう考えているかを含め、本人と話をする機会があればいろいろ聞いてみたい」と述べた。

 賛否が割れる安倍晋三元首相の国葬については、憲政史上最長の任期を務めたことを理由に挙げて政府の方針に理解を示した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る