FAQ

ソーラーフロンティア、東北工場の再開断念 宮城・大衡 操業実質2年半

 太陽電池の製造などを手がけていたソーラーフロンティア(東京)の東北工場(宮城県大衡村)が操業をやめ、廃止が決まったことが25日、分かった。宮城県が中心となり誘致し「東日本大震災後最大規模の投資」で工場を整備したものの、国の再生可能エネルギー政策の見直しなどで売上高が伸びず、約2年半で製品の生産を休…

残り 695文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る