70台集結し「カブ主」総会 宮城・角田の道の駅でイベント

さまざまなスーパーカブが集まったイベント

「スーパーカブ」の愛好家集う

 宮城県角田市の道の駅かくだで24日、ホンダの二輪車「スーパーカブ」の愛好家が集うイベントがあった。

 県内外から約70台が集まった。参加者はさまざまなカスタムが施されたバイクを見て回り、「渋い」「珍しくてうらやましい」などと、互いの愛車について語り合った。

 東京都葛飾区から参加した保育士田中萌さん(28)は「夜中1時に出発し、9時間かけて来た。見たことのないバイクも見ることができて感激している」と話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る