母ちゃんの味、ビーチで満喫 塩釜・桂島、女性たちの合同会社が飲食物販売

 新型コロナウイルスの影響で閉鎖が続き、今夏3年ぶりに23日に海開きをした宮城県塩釜市の浦戸諸島・桂島の桂島海水浴場で、地元の女性たちでつくる合同会社「がんばる浦戸の母ちゃん会」が地域自慢の海産物を使った飲食物を販売している。島に売店がないため、海水浴客に不便を感じさせないようにと企画した。

 メニュ…

残り 536文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ