FAQ

桂島のカキ 存続の危機 後継者育成へ資金募集

 宮城県塩釜市の浦戸諸島・桂島でカキ養殖に取り組む一般社団法人「浦戸夢の愛ランド」が、クラウドファンディング(CF)で後継者育成の資金を募っている。東日本大震災後に9人いたカキ漁師は高齢化などで3人に減少し、新型コロナウイルスの影響で入札価格は低迷している。代表理事の三浦勝治さん(75)は「島のなり…

残り 853文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る