仙台名物PRガチャ、第2弾だっちゃ! マグネット13種、エスパルで12月まで

ガチャガチャで販売される「仙台だっちゃ」

 笹かまぼこや牛タンといった仙台名物の写真などをプリントしたマグネットが、仙台市青葉区のエスパル仙台本館地下1階「エキチカおみやげ通り」で販売されている。「仙台だっちゃ」と銘打ち、カプセル玩具の販売機「ガチャガチャ」で購入できる。価格は1回300円。

 地域の特産品開発を手がけるカイタク(仙台市若林区)が、新型コロナウイルス禍で土産需要が落ち込んだことを受けて考案した。昨年6月から半年間、「仙台ガチャ」の名称で販売し、約2500個が売れた。

 今回の第2弾は6月下旬に販売を始めた。12月24日までの予定。おみやげ通りに出店する10店の名物に加え、仙台のご当地アイドルグループの写真など、全13種を展開する。

 マグネットは金属製で4センチ四方の大きさ。写真の背景に伊達政宗の陣羽織の柄をあしらった。購入した泉区の学生高橋咲優里さん(18)は「仙台にこれだけ名物があることを知らなかった」と楽しんでいた。

 マグネット5個に1個の割合で当たり券も入っており、本物のお土産と交換できる趣向もある。カイタクの山野目真悟代表社員(34)は「前回は大好評だった。ガチャガチャを楽しんでもらいながら仙台名物に親しんでほしい」と話す。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る