宮城など東北・新潟の自治体でシステム障害 メールやネットに影響

 東北6県と新潟県、各県の全市町村が共同利用する「東北・新潟自治体情報セキュリティクラウド」で8日、システム障害が発生した。本格導入前だった山形県と同県内35市町村を除く、全ての自治体に影響が及んだ。

 宮城県では8日午前4時半ごろに障害が発生し、県と県内全35市町村でインターネットの閲覧と、外部との電子メールの送受信ができなくなった。午後9時現在、電子メールの送受信は回復したが、完全復旧の見通しは依然立っていない。

栃木、長崎、佐賀の各県でも

 同県の担当者によると、県と県内35市町村の間では別のネットワークを活用して情報交換は可能だが、職員が職場のパソコンでインターネットを閲覧できない状態。外部から県や各自治体のホームページを閲覧することは可能という。

 同クラウドを受託運営するSBテクノロジー(東京)が原因究明と復旧作業を進めている。

 他には栃木、長崎、佐賀の各県でもシステム障害があった。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る