大崎の夏、音楽で熱く 21日、古川・あさひ中央公園で野外ライブ第2弾

 野外音楽イベント「ROCK IN FURUKAWA」(ロック・イン・フルカワ)が21日、宮城県大崎市古川のあさひ中央公園で開かれる。同市出身の大学2年生3人が企画し、3月の初開催に続く第2弾。3人は「前回よりグレードアップした内容にしたい」と意気込む。

(左から)千葉さん、今野さん、佐々木さんが企画する「ROCK IN FURUKAWA」

 古川高生徒会OBの今野大智さん(19)=明治学院大=、千葉和樹さん(19)=横浜国立大=、佐々木健成さん(19)=東北福祉大=が高校在学中に企画。当初は2020年夏の開催を目指したが、新型コロナウイルス禍による延期を経て今年3月20日、満を持して開催した。

 ロックバンドや弾き語り、ご当地アイドルグループなど8組が出演し、約200人の観衆を集めた。千葉さんは「強風もあって集客が伸びなかった」と振り返るが、「たくさんの方々に関わっていただいたことが一番の意義」と手応えを語る。佐々木さんも「みんなに『またやってほしい』と言ってもらえて、やりがいを感じた」と話す。

 来場者の目標は500人。前回と同様に飲食やアクセサリーのブースが出店予定で、オリジナルTシャツも販売する。スタッフの動きなど運営面の課題を改善し、音響機材はより良いものを調達。7月にクラウドファンディングを実施し、運営資金として50万円の目標を達成した。

 千葉さんは「大崎市には音楽をテーマにしたイベントが少ない。音楽好きの市民に楽しんでもらえるイベントにしたい」。佐々木さんも「前回よりグレードアップした企画で、地元に活力を与えたい」と強調。今後は地元の若い世代への継承も視野に入れる。

 午前11時~午後4時(午前10時半開場)。入場料300円。スマートフォン向け接触確認アプリ「COCOA(ココア)」のインストールが必要。入場時に検温や消毒を実施する。

 雨天決行。連絡先は電子メールrockinfurukawa2022@gmail.com

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る