閉じる

福島・双葉 新庁舎が業務開始 11年半ぶり、役場機能戻る

 東京電力福島第1原発事故に伴う全町避難が8月30日に解かれた福島県双葉町は5日、JR双葉駅前に整備した役場新庁舎で業務を始めた。原発事故から約11年半ぶりに役場機能が町内に戻った。

 午前8時半から行われた朝礼には職員約70人が参加した。伊沢史朗町長は「今日を迎えられたことを忘れることはないだろう」…

残り 279文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集