FAQ

ツール・ド・東北 ほっと一息エイドステーション、出会いも再会もありました

 「ツール・ド・東北2022」最終日の18日、3年ぶりの走行イベントのコースには、休憩所のエイドステーション(AS)が計4カ所開設された。東日本大震災の応援職員を務め、派遣当時の同僚との再会を喜ぶライダーも。地元住民は海の幸を使った自慢のグルメを提供し、交流の輪が広がった。

 「変わりない?」「おかげ…

残り 1462文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る